マイクロソフトがCyberXを買収したことをお知らせいたします。

この戦略的移行は、お客様のITとOTセキュリティを統合・強化させ、リスクを可視化・コントロールするための 刷新されたソリューション群を提供いたします。これにより、Azure IoT製品群である、 Azure Security Center for IoTならびに ネイティブIoT用世界初SIEM、Azure Sentinel、他の機能が大幅に強化されます

マイクロソフトは諸手を挙げて歓迎しています。ミハル・ブレイバーマン=ブルーメンスティク(マイクロソフト・コーポレートVP、イスラエルR&Dセンター GM、並びにCTO Cloud&AI Security)は、「Cyber​​X技術とそのチームが参画してくれたことに、マイクロソフトは大変驚いています」と書いています。

私たちは、IoTセキュリティを管轄するマイクロソフトGM、ユヴァル・エルダーのビジネス・ユニットの一員になります。 ユヴァルは、2016年にマイクロソフトが買収した、セキュア・アイランズの創設者 兼 社長 兼 CTOであった起業家です。本ユニットの一員となったことにより、私たちイスラエル在住のエンジニアリング・チームは、イスラエルに技術基盤を置く最高のテクノロジー企業を 一層発展させる栄誉と機会を得、また、サイバーセキュリティ・ソリューション・グループ(CSG)との営業連携により、世界隅々への販売機会を得ることができます。

2013年に会社を設立して以来、驚くべき軌跡をたどってまいりました。お客様がゼロから出発し、今では 業界の最優秀企業とも認識されるようになり、世界最大規模のお客様施設に 私たちのIoT/OTセキュリティ・プラットフォームが導入されるようになりました。

今後も、安全、健康、食糧、水、エネルギー、輸送、国防のすべてに欠かせない、「IoTや産業(OT)ネットワークを 世界の攻撃者から守る」を 継続する大きな目標としてまいります。今日、これらネットワークは、多くの場合、適切に管理されておらず、パッチも適用されておらず、またITからは見えていません。さらには、デジタル・トランスフォーメーションとインダストリー4.0の導入により、攻撃面はこの数年間で3倍に増える、など、今日のCISOの重責は増える一方です。

私たちは、ここに至るまでの全従業員の皆様の献身、努力、ならびに変革推進に感謝いたします。また、これまでの道のりで、至らぬ私たちを支え、製品の継続的な改善にご協力くださいました 全てのお客様と代理店の皆様に 心からの御礼を申し上げます。私たちのビジョンと実行能力を信頼して下さり、投資して下さった投資家の皆様にも感謝いたします。そして、私たちの配偶者であるアドバとメイタルに、この素​​晴らしい旅に同行し、常に協力してくれたことに対して、大きな感謝をする次第であります。

マイクロソフトと力を合わせてビジネスと技術を拡大し、世界中のより多くのお客様のデジタル変革を安全に実現するため、Cyber​​Xの新たな​​フェーズにさらに貢献していく所存でございます!

さらなる詳細につきましては、Cyber​​Xプレス・リリースならびにMicrosoftブログ投稿をご覧ください。