資料

CyberXプラットフォームは、全資産の自動検出&プロファイリング、通信経路抽出、ならびにファイアウォール・プラットフォームとの統合 などにより、ネットワーク・セグメンテーション化を強力にサポートします。さらにはセグメンテーション化の効果を確認テストするための 自動脅威モデリング機 能を有しています。 CYBX-network-segmentation-JP

マイクロソフトがCyberXを買収したことをお知らせいたします。 この戦略的移行は、お客様のITとOTセキュリティを統合・強化させ、リスクを可視化・コントロールするための 刷新されたソリューション群を提供いたします。これにより、Azure IoT製品群である、 Azure Security Center for IoTならびに ネイティブIoT用世界初SIEM、Azure Sentinel、他の機能が大幅に強化されます。 マイクロソフトは諸手を挙げて歓迎しています。ミハル・ブレイバーマン=ブルーメンスティク(マイクロソフト・コーポレートVP、イスラエルR&Dセンター GM、並びにCTO Cloud&AI Security)は、「Cyber​​X技術とそのチームが参画してくれたことに、マイクロソフトは大変驚いています」と書いています。 私たちは、IoTセキュリティを管轄するマイクロソフトGM、ユヴァル・エルダーのビジネス・ユニットの一員になります。 ユヴァルは、2016年にマイクロソフトが買収した、セキュア・アイランズの創設者 兼 社長 兼...

社内ニーズに合わせカスタマイズされた画面 を見ながら IoT/OTセキュリティとコンプライアンス上 の問題点を発見し、データに基づく対応ができることは大変 重要です。

エージェントレスで、管理されていないIoT/ICSデバイスを検出・保護 します。 特許取得済み M2Mふるまい分析と機械学習を使用。IoT/ICS に特化した脅威インテリジェンスによって強化されています。

IoTおよびICS脅威の検出と防御

お客様の従業員、生産、利益を保護

新規プロトコルや独自プロトコルのサポートをCyberXへ簡単に追加

マサチューセッツ州ボストン– 2019年5月29日– IoTおよび産業制御システム(ICS)のセキュリティを手がけるCyberXは本日、独自のプロトコルを実行している管理対象外のIoTおよびICSデバイスを組織が容易に保護できる、新たなオープン開発環境(ODE)を発表しました。