水処理を保護するCyberX

CyberXは、西半球最大の塩水脱塩工場など、非常に大規模かつ複雑な企業の業務を保護します。もちろん、お客様の業務も保護できます。

water-in-1

水より流動的な唯一のものは、マルウェアかもしれません

2018年7月、ウクライナ当局は、国内全域の水処理工場と下水処理場に塩素を供給している処理制御システムへの攻撃という脅威にさらされました。このサイバー攻撃は、安全や環境を脅かす大惨事につながるおそれがあっただけでなく、人口の大部分への水の供給が途絶えてしまうおそれもありました。

給水システムは重要インフラの不可欠な部分です。水の供給の管理は、世界中のすべての都市と水道事業者にとって重要な任務です。

配水ネットワークであろうと、水処理工場であろうと、給水システムを標的にしたサイバー攻撃者は、公衆衛生や公共の安全に大きな影響を及ぼしたり、ランサムウェアを通じて金銭的な利益を求めたりするおそれがあります。

デジタル化によってITネットワークとOTネットワークの接続性が高まるにつれて、標的型のOT攻撃や破壊的なマルウェアのリスクも高まります。

スマートウォーター、Industrial Internet of Things(IIoT)、その他の現代化の取り組みにより、膨大な数の新たなIIoTデバイスから一段と大きな攻撃対象領域が生み出され、リスクはさらに高まります。

今すぐに機能する

真のテクノロジー

MockupIpad2

CyberXは、実戦で証明済みのサイバーセキュリティによってお客様を保護します

産業マルウェアは今や自律型で拡張性がある、特定のICS環境に特化したデバイスコマンドを実行できるものへと進化しました。

組織化されたサイバー犯罪者や国家的な脅威に対しては、実戦で証明済みのサイバーセキュリティが必要です。CyberXは、業務にまったく影響を与えずに重要インフラへのリスクを継続的に軽減することで、お客様を保護します。最も成熟した完全な産業サイバーセキュリティプラットフォームとして、私たちは世界中の組織と協力し、以下のようなICS/SCADAのリスクをより迅速に検出して対処します。

産業マルウェア
業務の中断
脆弱なアセットとネットワーク
インサイダーや信頼されているサードパーティーがもたらす脅威
標的型攻撃