脅威のモニタリングと
検出

CyberXは、5種類の統合された分析エンジンを使用して、ゼロデイ脅威と既知の脅威の両方をリアルタイムで即座に検出します。

thread-detection-response-screenshot-1@2

CyberXは、重大度と警告タイプでフィルタリングできるすべての警告を表示します。

OTネットワークが

危険にさらされたとしたら、

それがいつからか分かりますか?

今日のOTの脅威はさまざまな形で襲ってきます。検知が困難なだけでなく、攻撃チェーン全体で複数の技法が用いられ、OTネットワークが危険にさらされます。

多くの場合、企業がOTの侵害を把握したときにはすでに手遅れです。

 

そのため、CyberXでは、5種類の統合された分析エンジンを使用して、ゼロデイ脅威と既知の脅威の両方をリアルタイムで即座に検出します。

CyberXの分析エンジンは、自己学習とヒューリスティックスによるICS対応の挙動分析を利用しており、ルールやシグネチャの設定は不要です。

 

MockupIpad3

CyberXは、ほとんどの形の

OT脅威を検出します

Group 690@2x

WannaCryやNotPetyaなどの破壊的なマルウェア

Group 4105@2x

TRITONやIndustroyerなどの標的型ゼロデイ攻撃

Group 4104@2x

HavexやBlack Energyなどのサイバースパイツール

Group 691@2x

悪意がある、または不注意なインサイダー

Group 4102@2x

不正を働いているか、リスクにさらされているサードパーティーのサプライヤー

Group 4103@2x

ハクティビスト

主なユースケース

すべての組織は、OTサイバーセキュリティの成熟度が異なる段階にあります。敵対者がますます洗練されるようになっているように、組織も継続的に彼らのゲームを立ち向かうことに挑戦しています。CyberXは、新しい機能を組織の状況に合わせて簡単に採用させることができます。

アセット管理

あなたが知らないものは防御することはできません。CyberXはあなたのOTネットワーク構成を自動的に検出し、デバイスタイプ、製造元、モデル、シリアル番号、ファームウェアリビジョンを含むすべての資産に関する詳細情報を提供します。
もっと詳しく

リスクおよび脆弱性の管理

CyberXは、デバイスレイヤとネットワークレイヤの両方で、リスクに優先順位を付けて実用的な緩和策の推奨事項と共に、OT環境全体の客観的なリスクスコアを提供します。
もっと詳しく

脅威の検出と対応

5つの異なるICS対応自己学習分析エンジンを使用することで、CyberXは標的型攻撃、マルウェア、インサイダーおよび信頼できるサードパーティの脅威などの脅威を検出するためにOTネットワークを継続的に監視します。
もっと詳しく

SOC統合

統一されたIT / OTセキュリティ戦略は、全体的なデジタルリスクを管理するための最適な方法です。CyberXはすでにお持ちのセキュリティスタックとネイティブに統合して、OT資産、脆弱性、および脅威をリアルタイムで可視化してSOCをOT対応にします。
もっと詳しく

高度なユースケース