SOC
統合

CyberXは、既存のSOCワークフローやセキュリティスタックをそのまますぐに使用できるよう統合することにより、複雑さを緩和し、IT/OTのサイロを取り除きます。

SOCをOTに対応させる

インシデントをすばやく効果的に特定して対応するには、可視性とコンテキストがカギを握ります。

一元化されたSOCがOTおよびITのセキュリティに対する責任を負うようになったことで、OTに関するあらゆる情報の継続的な可視性とコンテキストが必要になりました。さらに、オペレーションプロセスに影響を及ぼし得る悪意のあるトラフィックをセキュリティチームが迅速にブロックするには、CyberXなどの検出プラットフォームと次世代ファイアウォールなどの防御システムを緊密に統合する必要もあります。そのためCyberXはお客様のSOCに対し、すべてのOT環境に関する詳細な情報を提供しています。

Group 1339@2x

OTアセットと現在の状態

Group 1340@2x

OTネットワークトポロジと、ITネットワークとの接続性

Group 1341@2x

ネットワークレイヤとエンドポイントレイヤでのOTの脆弱性

Group 1342@2x

OTネットワークトラフィックと挙動アナリティクス

CyberXは、業界で最もオープンかつ相互運用可能な産業サイバーセキュリティプラットフォームとして、以下のような既存のSOCワークフローやセキュリティスタックをそのまますぐに使用できるよう統合することにより、複雑さを緩和し、IT/OTのサイロを取り除きます。

 

  • SIEMIBM QRadarSplunk、ArcSight、LogRhythm、RSA NetWitnessなど
  • セキュリティオーケストレーションおよびチケット作成システム:ServiceNow、IBM Resilientなど
  • セキュアなリモートアクセスソリューション:CyberArk Privileged Session Manager(PSM)、BeyondTrustなど
  • セキュアなネットワークアクセス制御(NAC)システム:Aruba ClearPass、ForeScout CounterACTなど
  • ファイアウォールパロアルトネットワークス、チェック・ポイント、シスコなど
soc-in-scr

CyberXのQRadar用ICS脅威監視アプリケーションは、SOCアナリストに詳細なICS脅威情報を提供します。

CyberXのQRadar用ICS脅威監視アプリケーションは、SOCアナリストに詳細なICS脅威情報を提供します。

パロアルトネットワークスの開発者コミュニティApplication FrameworkにCyberXを迎えられたことを大変喜ばしく思っています。このフレームワークは、規模の大小を問わず革新的なセキュリティプロバイダーが開発したクラウドベースのアプリを通じて、お客様に優れたセキュリティを提供します。私たちは協力して、お客様の最も厳しいセキュリティ課題を解決しながら、すばやく開発され、共通のフレームワーク上で設計された、固有の価値をもたらすアプリによって、サイバーセキュリティ市場でのイノベーションを加速させます。

パロアルトネットワークス、最高製品責任者、リー・クラリッヒ氏

主なユースケース

すべての組織は、OTサイバーセキュリティの成熟度が異なる段階にあります。敵対者がますます洗練されるようになっているように、組織も継続的に彼らのゲームを立ち向かうことに挑戦しています。CyberXは、新しい機能を組織の状況に合わせて簡単に採用させることができます。

アセット管理

あなたが知らないものは防御することはできません。CyberXはあなたのOTネットワーク構成を自動的に検出し、デバイスタイプ、製造元、モデル、シリアル番号、ファームウェアリビジョンを含むすべての資産に関する詳細情報を提供します。
もっと詳しく

リスクおよび脆弱性の管理

CyberXは、デバイスレイヤとネットワークレイヤの両方で、リスクに優先順位を付けて実用的な緩和策の推奨事項と共に、OT環境全体の客観的なリスクスコアを提供します。
もっと詳しく

脅威の検出と対応

5つの異なるICS対応自己学習分析エンジンを使用することで、CyberXは標的型攻撃、マルウェア、インサイダーおよび信頼できるサードパーティの脅威などの脅威を検出するためにOTネットワークを継続的に監視します。
もっと詳しく

SOC統合

統一されたIT / OTセキュリティ戦略は、全体的なデジタルリスクを管理するための最適な方法です。CyberXはすでにお持ちのセキュリティスタックとネイティブに統合して、OT資産、脆弱性、および脅威をリアルタイムで可視化してSOCをOT対応にします。
もっと詳しく

高度なユースケース