私たちのDNA

私たちは産業サイバーセキュリティにたいする防御を、私たちの暮らしに関係する事のように深刻に考えています。なぜなら、実際そのとおりだからです。

dna2

私たちを形作るもの

CyberXは、重要な国家インフラを防御してきた実績を誇るブルーチームのサイバーエキスパートによって構築された、唯一の産業サイバーセキュリティプラットフォームです。

私たちは、実際の環境において、時には夜を徹して技術ソリューションを開発し、真の脅威や差し迫った脅威に対応してきました。また、日々そうしたソリューションを現場に導入し、それらをきちんと機能させてきました。たとえ、会社の生き残り戦術など、他にも無数の懸念事項を抱えた人たちが管理する場合であってもです。

これは私たちがCyberXで継続してやってきたこと、すなわち、あらゆる環境の重要なインフラを防御するための実用的なエンタープライズ水準のサイバーセキュリティの実現です。

そしてこの体験はテクノロジーに組み込まれているだけでなく、企業文化のDNAにも埋め込まれています。

すべての技術プラットフォームは、
「原則のプラットフォーム」を基盤としています。
それが、私たちのプラットフォームです。

1

人のために設計し、
ビジネスのために開発する

テクノロジーが有用なものであるためには、他に多くの心配事を抱えている人でも利用できるものでなければなりません。これは、最も過酷な環境である戦場から学んだ大切な教訓です。だからこそ、私たちは使いやすいものしか開発しません。たとえば視覚ダッシュボードはすっきりとしたデザインになっていて、分かりやすいアラートメッセージ、グラフィカルな攻撃ベクトル図、そしてポイント&クリックの調査ツールを備えています。

;
2

複雑さを
軽減する

Industrial Internet of Things(IIoT)が進歩した今日では特に、複雑さはおそらく大企業が直面している最大の課題となっていることでしょう。CyberXは、空軍、海軍、歩兵、政府の監督官など多様な集団のさまざまなニーズに対応するソリューションの開発と導入を成功させてきました。そして、そうした経験に基づき、オープンAPIを提供して、すべての大規模なSIEM、アナリティクスプラットフォーム、セキュリティオーケストレーション、チケット作成システム、セキュアなリモートアクセスプラットフォーム、NACシステム、ファイアウォールと統合します。私たちは、お客様が単に複雑さに対応するだけでなく、複雑さを克服できるよう支援します。

3

絶え間なく
変革する

私たちは、ICS対応の自己学習と挙動アナリティクスを備えた初のセキュリティモニタリングプラットフォームを開発しました。初の受動型ICS脆弱性アセスメントと自動脅威モデリング、初の企業SIEM向けICS脅威モニタリングネイティブアプリも開発しました。さらに、パロアルトネットワークスのApplication Frameworkとの統合を実現したのも、ICSマルウェアを識別してデトネーション(爆発)させるクラウドベースのサービスを開発したのも、私たちが初めてでした。こうして数々の「初めてのこと」を成し遂げてきたのは、私たちがイノベーションの文化を持っているからです。それが、常に敵に先手を打つ唯一の方法なのです。

;
4

直ちに対応する

敵の手法が洗練されている場合、重要なのは「もし」ではなく「いつ」であることを、私たちは分かっています。CyberXの創設者らは、セキュリティの欠陥に対するアジャイルなソリューションを即座に提示する国家緊急対応チームの一員でした。ですから、私たちは、CyberXソリューションにインシデント対応を組み込み、迅速に検出して対応することのできる各種ツールを提供しているのです。さらに、私たちの熟練したICSインシデント対応エキスパートチーム(とパートナーのサービスプロバイダー)は、お客様が最も必要とするときに保護を提供します。私たちはお客様の問題や要求への対応に誇りを持っており、侵入が検知された場合はすぐに修正方法とフォレンジックを提供して支援します。

5

敵を知る

というより、敵が己を知る以上にその敵のことを知ることです。そのため私たちは、産業サイバーセキュリティ企業として初めて、脅威インテリジェンスのエキスパートからなる社内チームを設置しました。このチームは、オープンソースとクローズドソースの両方でICSエコシステムを絶えず監視することで、産業マルウェア、キャンペーン、そして攻撃者を追跡しています。

;
6

最適な人々と
協力

自分の生命や暮らしが危険にさらされたときには、最適な人に助けてもらいたいはずです。ですから、私たちは、セキュリティの分野で実績のある最適な人材を、徹底した評価プロセスを経て採用しています。また、パロアルトネットワークス、IBM Security、CyberArkのほか、Optiv Security、DXCテクノロジー、ドイツテレコムのようなグローバルソリューションプロバイダーやMSSPなどの、最適な技術パートナーと提携しています。

7

どんなことにも
対応

CyberXプラットフォームはそのまますぐに使用でき、物理または仮想アプライアンスとして1時間足らずで導入できます。ただし、IT/OTセキュリティが「万能薬」でないことは私たちも認識しているため、24時間365日のリモートサポートをオンサイトサポートサービスと組み合わせて提供するとともに、グローバルサービスプロバイダーとも提携し、お客様固有のニーズに合わせて実装をカスタマイズしています。もちろん、お客様の緊急のニーズに対応するために、夜を徹してソリューションを開発することもあります。

CyberXが

お客様の従業員、生産、利益をどう保護しているかを知る