業務用CyberX

安全性や回復力を保ちながら、デジタル化を取り入れます。

op-in

安全なまま
走り続ける。

お客様の成功は、安全性、順応性、回復力を保って、品質、コスト、デリバリーの継続的な改善を図りながら業務を遂行できるかどうかにかかっています。

デジタル化によって、あらゆる産業と重要インフラ関連組織に新たな効率性とイノベーションがもたらされますが、それには新たなリスクも伴います。CyberXは、お客様が最も重要な分野に注力しながら、デジタル化を受容できるものと確信しています。

デジタルインフラに安全帽をかぶせるように。

市場で最も成熟した完全なOTサイバーセキュリティプラットフォームとして、CyberXはお客様が以下を実現できるようにします。

Group 4135

従業員、アセット、環境の安全を確保する

重大な危害をもたらすおそれのあるサイバー攻撃やオペレーターのミスといったリスクを軽減します。

Group 4136

ダウンタイムを最小限に抑える

破壊的なサイバー攻撃を防ぎ、お客様のICS/SCADA環境における、偶発的な誤設定、悪意のあるインサイダーやサードパーティーの存在、機器の不具合を示す初期兆候を継続的に監視します。

Group 4137

新たなデジタル化技術を取り入れる

(インダストリー4.0、IIoT、スマートマニュファクチャリングなど) — 世界のどこでも、すべてのデジタルアセットとその動作を継続的に可視化できるようになります。

Group 4138

CyberXの客観的なリスクスコアを活用する

長期にわたる継続的な改善を実証します。

CyberXが

お客様の従業員、生産、利益をどのように保護しているかを知る