鉱業を保護するCyberX

CyberXは、非常に大規模かつ複雑ないくつかの業務を保護します。もちろん、お客様の業務も保護できます。

mining-in

利益が蝕まれる前にサイバー脅威を取り除く

業務を行っている場所がオーストラリアの内陸部であろうと、カナダの凍えそうな北西部であろうと、コストの削減や生産性の向上を目的としてデジタル化やIIoTが大いに活用されています。

しかし、これらのイノベーション技術は攻撃対象領域を広げることにもなり、さらなるリスクがもたらされます。

CyberXは、継続的なモニタリングと脆弱性の管理により脅威をすばやく特定して、安全上および環境上のインシデント、大きな損失を招くダウンタイム、価値のある知的財産の損失が発生しないようにすることで、お客様がそうしたリスクによる不利を被らないようにします。

さらに重要なのは、このテクノロジーが真にシームレス、非侵入的、かつシンプルで、そのまますぐに実装できて、1時間もかからずに洞察がもたらされることです。

相互につながった鉱山ほど脆弱であり、採掘会社ではIoTの普及に伴いこれまで以上に多くの業務がインターネットに接続して行われるようになったことで、攻撃への新たな道も開かれることになりました。そうした攻撃では、環境保護団体が業務を中断させようとする場合もあれば、国家の支援を受けた人間がサイバースパイを行う場合もあります。

Inmarsat Enterprise、鉱業担当ディレクター

今すぐに機能する

真のテクノロジー

MockupIpad2

CyberXは、実戦で証明済みのサイバーセキュリティによってお客様を保護します

産業マルウェアは今や自律型で拡張性がある、特定のICS環境に特化したデバイスコマンドを実行できるものへと進化しました。

組織化されたサイバー犯罪者や国家的な脅威に対しては、実戦で証明済みのサイバーセキュリティが必要です。CyberXは、業務にまったく影響を与えずに重要インフラへのリスクを継続的に軽減することで、お客様を保護します。最も成熟した完全な産業サイバーセキュリティプラットフォームとして、私たちは世界中の組織と協力し、以下のようなICS/SCADAのリスクをより迅速に検出して対処します。

産業マルウェア
業務の中断
脆弱なアセットとネットワーク
インサイダーや信頼されているサードパーティーがもたらす脅威
標的型攻撃