ビル管理システムを保護するCyberX

CyberXは、非常に大規模で特に複雑ないくつかの業務を保護します。もちろん、お客様の業務も保護できます。

buildin-in

スマートビルディングには、さらに

インテリジェントなサイバーセキュリティが必要

HVAC(暖房、換気、空調)、換気、照明、電力システム、防火システム、物理的なセキュリティシステムなどの重要なシステムは、今やデジタル化され、IP対応となっているため、一元的に監視したり制御したりすることができます。

これらのビル管理システム(BMS)やビルオートメーションシステム(BAS)では、DeviceNet、BACnet、MODBUSなどの専門的なプロトコルを組み込むことで、従業員の安全を確保しながら、より快適かつ効率的にエネルギー資源を消費できるようになります。

データセンター、政府機関、医療センター、証券取引所の立会場など、何を管理する場合も、BMSが危険にさらされると、組織に大きな財務的影響や法的影響を及ぼし、テナントの安全を脅かすおそれがあります。

デジタル化によってITネットワークとOTネットワークの接続性が高まるにつれて、標的型のOT攻撃や破壊的なマルウェアのリスクも高まります。

スマートビルディング、Industrial Internet of Things(IIoT)、その他の現代化の取り組みにより、膨大な数の新たなIIoTデバイスから一段と大きな攻撃対象領域が生み出され、リスクはさらに高まります。

今すぐに機能する

真のテクノロジー

screenshot-industry-pages@2x

CyberXは、実戦で証明済みのサイバーセキュリティによってお客様を保護します

産業マルウェアは今や自律型で拡張性がある、特定のICS環境に特化したデバイスコマンドを実行できるものへと進化しました。

組織化されたサイバー犯罪者や国家的な脅威に対しては、実戦で証明済みのサイバーセキュリティが必要です。CyberXは、業務にまったく影響を与えずに重要インフラへのリスクを継続的に軽減することで、お客様を保護します。最も成熟した完全な産業サイバーセキュリティプラットフォームとして、私たちは世界中の組織と協力し、以下のようなICS/SCADAのリスクをより迅速に検出して対処します。

産業マルウェア
業務の中断
脆弱なアセットとネットワーク
インサイダーや信頼されているサードパーティーがもたらす脅威
標的型攻撃