自動
ICS脅威モデリング

CyberXの脅威モデリング技術は、最も可能性の高い標的型ICS攻撃の経路を予想して可視化し、最も重要なアセットの緩和措置にすばやく優先順位を付けてシミュレーションできるようにします。

attacker

重要なことから先に

他に類を見ないCyberXの自動ICS脅威モデリング技術は、独自のアナリティクスを通じて最も可能性の高い標的型ICS攻撃の経路を予想する初めての技術です。緩和措置をすばやく可視化、優先順位付け、シミュレーションして、最大の売上を生み出しているか最も必要なサービスを制御している「中断が許されない」重要な機能を保護できます。

これこそが、限られた人材やメンテナンス時間をより有効に活用できるリスクベースのアプローチのカギを握る技術です。

セキュリティチームは、たとえば「このセキュアでないデバイスを隔離するか、デバイスにパッチを当てるかすれば、特に重要なアセットに対するリスクは取り除かれるだろうか?」といったように、起こり得る事態の緩和措置をシミュレーションして、セキュリティ体制を継続的に調整したり、攻撃対象領域を減らしたりすることもできます。

CyberXは、考えられる侵害経路のグラフィック表示によって基幹業務管理も支援しており、OTステークホルダーは、最も価値のある「クラウンジュエル」のアセットに対するリスクの高さがビジネスに与える影響を理解しやすくなります。

次に:

リスクおよび脆弱性の管理によりガバナンスとコンプライアンスがどう合理化されるかを知る

主なユースケース

すべての組織は、OTサイバーセキュリティの成熟度が異なる段階にあります。敵対者がますます洗練されるようになっているように、組織も継続的に彼らのゲームを立ち向かうことに挑戦しています。CyberXは、新しい機能を組織の状況に合わせて簡単に採用させることができます。

アセット管理

あなたが知らないものは防御することはできません。CyberXはあなたのOTネットワーク構成を自動的に検出し、デバイスタイプ、製造元、モデル、シリアル番号、ファームウェアリビジョンを含むすべての資産に関する詳細情報を提供します。
もっと詳しく

リスクおよび脆弱性の管理

CyberXは、デバイスレイヤとネットワークレイヤの両方で、リスクに優先順位を付けて実用的な緩和策の推奨事項と共に、OT環境全体の客観的なリスクスコアを提供します。
もっと詳しく

脅威の検出と対応

5つの異なるICS対応自己学習分析エンジンを使用することで、CyberXは標的型攻撃、マルウェア、インサイダーおよび信頼できるサードパーティの脅威などの脅威を検出するためにOTネットワークを継続的に監視します。
もっと詳しく

SOC統合

統一されたIT / OTセキュリティ戦略は、全体的なデジタルリスクを管理するための最適な方法です。CyberXはすでにお持ちのセキュリティスタックとネイティブに統合して、OT資産、脆弱性、および脅威をリアルタイムで可視化してSOCをOT対応にします。
もっと詳しく

高度なユースケース