集中
管理

CyberXの拡張可能なアーキテクチャを利用すると、組織内の複数の階層を一元的に可視化して制御できるため、世界中のすべての拠点におけるOTリスクを1カ所に統合された画面で表示できます。

MockupIpad2131233

世界に開かれた

窓。

グローバル企業は、世界中のすべての拠点におけるOTリスクを1カ所に統合された画面で確認したいと考えています。

CyberXの拡張可能なアーキテクチャを利用すると、組織内の複数の階層を一元的に可視化して制御できます。

一元的な可視化

SOCチームは、以下に起因するリスクが最も高い拠点を一見で確認できます。

  • リスクスコア
  • 悪意のあるアクティビティ
  • 業務上の障害や機器の不具合

また、以下のすべてを集約したグローバルビューも確認できます。

  • アセットとネットワークトポロジ
  • 接続性とアプライアンスのステータス
  • 役割と権限
すべてのグローバル拠点のアセット、リスク、脅威の統合ビューを見る

すべてのグローバル拠点のアセット、リスク、脅威の統合ビューを見る

複数階層

CYX_CM-Graphic_112018
Group 4149

柔軟なビュー

以下を通じて、アセット、脆弱性、脅威が表示されます。

  • すべての拠点のグローバルビュー
  • 単一の施設を表す拠点ビュー
  • アセットタイプ、生産ライン、物理的な場所などに基づくカスタム論理ゾーン
  • 特定のアプライアンスがモニタリングしているすべてのアセットを表す最も低レベルのセンサー
Group 4150

集中制御

すべてのアプライアンスにプッシュ配信されます。

  • ポリシーの変更
  • 構成の変更
  • 脅威インテリジェンスの更新
  • ソフトウェアの更新
Group 4151

アプライアンスのステータス

各センサーアプライアンスのステータスが表示されます。

  • 接続性
  • インテリジェンスデータが最後にダウンロードされた日付
  • ソフトウェアバージョンが最後にダウンロードされた日付
Group 4153

ロールベースのアクセス制御(RBAC)

誰もがすべてのビューや管理機能にアクセスする必要があるわけではありません。CyberXのセントラルマネージャを利用すると、さまざまな権限レベルでユーザーやグループを単一のコンソールから集中管理できます。Active Directoryを統合する場合は、既存のIAMインフラを利用することで複雑さが緩和されます。

Group 4152

高可用性と冗長性

オプションの高可用性(HA)構成では、セントラルマネージャコンソールが追加され、復元に必要なすべての設定ファイルのバックアップを定期的に受け取れます。センサーアプライアンスを構成して、必要なすべてのデータを定期的にローカルにバックアップすることもできます。

主なユースケース

すべての組織は、OTサイバーセキュリティの成熟度が異なる段階にあります。敵対者がますます洗練されるようになっているように、組織も継続的に彼らのゲームを立ち向かうことに挑戦しています。CyberXは、新しい機能を組織の状況に合わせて簡単に採用させることができます。

アセット管理

あなたが知らないものは防御することはできません。CyberXはあなたのOTネットワーク構成を自動的に検出し、デバイスタイプ、製造元、モデル、シリアル番号、ファームウェアリビジョンを含むすべての資産に関する詳細情報を提供します。
もっと詳しく

リスクおよび脆弱性の管理

CyberXは、デバイスレイヤとネットワークレイヤの両方で、リスクに優先順位を付けて実用的な緩和策の推奨事項と共に、OT環境全体の客観的なリスクスコアを提供します。
もっと詳しく

脅威の検出と対応

5つの異なるICS対応自己学習分析エンジンを使用することで、CyberXは標的型攻撃、マルウェア、インサイダーおよび信頼できるサードパーティの脅威などの脅威を検出するためにOTネットワークを継続的に監視します。
もっと詳しく

SOC統合

統一されたIT / OTセキュリティ戦略は、全体的なデジタルリスクを管理するための最適な方法です。CyberXはすでにお持ちのセキュリティスタックとネイティブに統合して、OT資産、脆弱性、および脅威をリアルタイムで可視化してSOCをOT対応にします。
もっと詳しく

高度なユースケース