信頼される産業サイバー・セキュリティ

CyberXは先進的な「M2Mふるまい分析」と「異常検出」を 独自のICS脅威インテリジェンスの下で組み合わせることにより、サイバーと運用の両インシデントを迅速に検出し、設備のアップタイムを最大化します

We selected CyberX because of their innovative, best-in-class technology and world-leading expertise in industrial cybersecurity and threat intelligence. CyberX enables our customers to significantly reduce risk and strengthen their operational resilience, both today and as they implement new digitization initiatives. Our strategic partnership with CyberX enables us to offer a mature, field-proven solution that’s scalable and can be rapidly deployed.”

Dirk Backofen

Head of Telekom Security

Deutsche Telekom/T-Systems

IIoT&ICS / SCADAのセキュリティと運用に関する 継続的かつリアルタイムなリスク・モニタリング

運用中断や企業IP盗難につながる、OTネットワークにおける 産業用マルウェア、標的型の脅威、ならびに脆弱性 に関する完結した状況認識を提供。

不正なリモート接続や未パッチまたは未登録デバイスなど、OTネットワークに関する 継続的かつ非侵襲的な脆弱性評価。

短時間(1時間以内)で導入でき、かつ OTネットワークに対する影響なし。アクティブ・スキャンを使わないエージェントレス・テクノロジー。あらゆるICSベンダー、産業プロトコルならびにSIEMをサポート。

現在 多くの産業用設備では、近代化提言の下、ITとOTネットワークの接続を必要とするようになっています。 しかし一方で、IT / OTの統合は、被攻撃面を拡大させ、サイバー・リスクを増大させます。

2013年に イスラエル国防軍のサイバー・エキスパートによって設立されたCyberXは、エネルギー、製造、公益事業、水、石油・ガス、化学薬品、医薬品、並びに輸送など、多様な分野で使われているIIoTおよび産業ネットワークを保護するための 最も信頼され、世界で広く使われている プラットフォームを提供しています。 詳しく知りたい   Learn more

What the Industry is Saying About CyberX

米国国土安全保障省(DHS)および国防総省(DoD)が主催する イノベーション・アワードに 唯一選ばれた産業用サイバー・ベンダー

国際計測制御学会(International Society of Automation)が認定した唯一の産業用サイバー・ベンダー

ベストICS製品賞2年連続受賞

CyberX脅威インテリジェンス研究が特長

CyberXの優位性

最新のブログとセキュリティ情報

対応ベンダー

                     

& more.   Learn How

産業向け有限状態機械

相互に通信するデバイスで構成されているOTネットワークでは、その動作は非常に確定的。

CyberXは特許申請中のM2Mふるまい分析技術の下、ICSネットワーク動作を 決定論的な状態間遷移としてモデル化します。これは、産業向け有限状態モデリング(IFSM)と呼ばれる技術です。この先進の「機械学習」手法により、XSenseは、誤検出を最小限に抑えながら、異常な動作や不正な動作を迅速に検出することができます。

IFSMを、各種分析や独自のICS脅威インテリジェンス(情報)と組み合わせることにより、「BlackEnergyやHavexなどの産業用マルウェア」、「PLCで不正プログラムを実行する標的型攻撃」、さらには「不正リモート・アクセスやデバイス誤設定等、各種脆弱性」 を迅速に検出することができます。