なぜCyberXの脆弱性診断 (VA; Vulnerability Assessments) をお勧めするのか

なぜCyberXの脆弱性診断 (VA; Vulnerability Assessments) をお勧めするのか

自動化

CyberXの脆弱性診断は 特許申請中のふるまい分析機能と独自の脅威情報(脅威インテリジェンス)によって、産業マルウェア、脆弱なファイアウォールルール、認証の弱点、不正なリモートアクセス、未登録のデバイスなど、IIoTやICS中の隠れた脆弱性を明らかにする、他に類を見ない診断ソリューションです。

CyberX の脆弱性診断はICSネットワークの内在リスクを極短時間で評価しますので、専門コンサルタントによる従来の手作業手法に比べると、驚くほど早く、また高い費用対効果を発揮します。

詳細レポート

CyberXの脆弱性診断は、攻撃に対するICSネットワークの弱点領域を減らすため、詳細な脆弱性診断結果とともに、リスク優先度に従ったリスク緩和策を提案します。

お客様のネットワークデータを 当社のオンプレミス・アプライアンスまたはクラウドベース・プラットフォームにアップロードしていただくと、直ちに脆弱性診断レポートを生成します。この脆弱性診断レポートは、ICSネットワーク全体のリスクスコアとともに、検出された各デバイスのリスクスコア、デバイス毎のCVE (Common Vulnerabilities and Exposures;脆弱性識別) 番号、オープンポートやサブネット間の未確認ブリッジなどの脆弱性を提供します。

さらに、ネットワークトポロジや接続されている全デバイスの詳細情報も表示されます。

実践的なリスク緩和策

CyberXのVAソリューションは、ICSネットワークで検出されるリスクを緩和するための実践的で現実的な推奨事項を提供します。この推奨事項それぞれには、予想リスク減少率がつけられます。

REQUEST A VULNERABILITY ASSESSMENT

特徴と利点

運用およびサイバー両面のセキュリティリスクを統合- CyberX 脆弱性診断はお客様のICTネットワーク全体の脆弱性を極短時間で抽出、評価し、運用とサイバー両面のリスクを統合して表示します。

完全自動化 - 手動または人為的な操作は必要ありません。脆弱性診断プロセスにはネットワークご担当者に求められる作業はほとんどなく、さらに、従来の手作業評価よりも大幅に短時間で終了します。

OTネットワークに対するリスクがない - 自動評価プロセスは、OTネットワークに接続することなく、遠隔で行われます。ネットワークに直結することがないため、業務を中断することもありません。

包括的なレポート作成 - ICSネットワーク全体の総合的かつ詳細なリスク評価結果を提供します。

CyberXプラットフォームのデモ・リクエスト

産業ネットワークのマルウェア、ゼロデイ攻撃、内部脅威からの保護手段をお探しですか?世界各所で実証済みの産業用サイバー・セキュリティ・プラットフォームをお試しください。

  •   世界で最も広く利用されているICSサイバー・セキュリティ・プラットフォーム
  •   連続的かつ非侵襲的なリスク診断
  •   特許出願中のサイバーおよび運用の異常検出
  •   独自のICS脅威情報(脅威インテリジェンス)
  •   既存OTネットワーク環境との迅速な統合




Request Demo