運輸

運輸運用システムの保護が手遅れにならないために
デモリクエスト:CyberX社 XSenseの効果をお試しいただけます

運輸業界の制御システムは、古くから物理的な攻撃およびサイバー攻撃の標的となってきました。その影響は、経済的のみならず、精神的、道徳的にも大きな打撃を与えてきました。政府機関や民間企業によって運営され、物資や人々を運ぶ運輸は、地上、空および海上において、常に安全でまもられていなければなりません。

この業界におけるITとOTの統合は比較的古くから行われたため、ITネットワークでもよく知られている各種のセキュリティ脅威が、運輸インフラに被害を及ぼす恐れを秘めています。さらに、コンプライアンス(法令順守)や規制が欠如すると、この業界の脆弱性はより深刻なものになるでしょう。

私たちの日々の生活のさまざまな領域をカバーする商用および個人用の交通インフラには以下のものがあります。


鉄道&バス

航空

一般・高速道路

海事(海運・船舶)

インフラの確保。人命を救う。

状況認識型プラットフォームとして設計されたXSenseは、既存のOTネットワークに簡単かつ影響なしに接続することができます。接続後、ただちにネットワークを状態機械(State Machine)としてモデル化します。ネットワークに対してパッシブ(受動的)なXSenseは、ネットワークからデータを収集しながら、ビッグ・データ(収集データ、サイバー関連データならびにインテリジェンス)と機械学習手法を利用してその動作を把握し、数分で結果を表示・報告します。

ネットワークがどのように動作しているか、また、いつ、何らかの変化・変更があったかを把握することで、通常と異なる動きを検出することができます。すなわち、サイバー攻撃、運用上の問題、あるいはシステムに対するなんらかの改ざんインシデントを検出できるわけです。 さらに、収集したトラフィックを分析(フォレンジック)することで、ネットワーク運用上の問題を抽出・分析し、可視化し表示・警告します。

輸送業界用途における主な特徴

運用インシデントおよびサイバー・インシデントのリアルタイム・アラート

  • 運用ネットワークの速やかで包括的な可視化(ネットワーク状況[動き]認識)
  • 内在する運用インシデントおよびサイバー・インシデントの警告
  • 生産性(並びにビジネス)の維持
  • 持続的機械学習

機械学習機能とモデル化機能

  • 運用ネットワークの動きを継続的に学習
  • ネットワークの変更にも対応
  • 運用インシデントおよびサイバー・インシデントのリアルタイムな検出
  • 迅速なインシデントの識別とアラート
  • ダウンタイム・リスクの軽減
  • 負担が小さく容易な管理
  • 管理を容易にします

ゼロ・インパクト・インストール

  • ネットワーク運用の中断不要(プラグ・アンド・プレイ)
  • インストール後、数分以内に動作開始
  • オーバーヘッド、事前準備、追加機器など不要