産業

産業制御システム(ICS)に対するサイバー攻撃は日常的に発生し、その脅威は進化し続けています。

「産業制御システム サイバー緊急対応チーム(ICS-CERT)に報告されたインシデント総数の約55%が、高度な持続的標的型攻撃(APT)または高度なアクター(システムに影響を与える存在)によるものでした。これら以外には、ハクティビスト(政治的ハッカー)、内部者によるもの、サイバー犯罪者などが挙げられています。その他の場合、脅威アクターは関連データがないために特定できませんでした。」

米国国土安全保障省(DHS)のICS-CERTは、2014年9月から2015年2月までを報告しています。

CyberXは、産業用インターネットの保護に従事しています。CyberXの主力製品「XSense」は、以下を含める幅広い産業をサポートしています。