水関連施設のサイバー攻撃対策が手遅れにならないために
デモリクエスト:CyberX社 XSenseの効果をお試しいただけます

水関連システムは、その他の重要インフラ・システムと同様にサイバー脅威にさらされています。水道網や水処理設備の事業者であれば、水関連施設に対するサイバー攻撃が計り知れないほどの被害をもたらすことを理解しておかなければなりません。

産業用インターネットの登場、汎用デバイスの導入、さらには、隔離されていたOTネットワークのIT環境への接続により、セキュリティ・リスクが現実のものになっています。

運用上の事故や人為的ミスなどのリスクに加えて、既存あるいは次々と生まれるサイバー脅威に対処するために、水関連施設にも攻撃者に先んずるセキュリティ戦略が必要なのです。

OTネットワークのセキュリティ

IT環境と同様、可視化(ネットワーク状況[動き]の認識)がセキュリティ対策の鍵となります。XSenseは、OTネットワークを監視しながら、機械学習機能とモデル化機能によって、ネットワーク状況[動き]とその変化[異常]を理解・認識します。こうして、リアルタイムに変化[異常]を認識すると同時に、それをサイバー攻撃、運用上の不具合、あるいは解析困難なインシデントに分類します。

XSenseは、OTオペレータにリアルタイム・アラートを発するのに加え、データ表示、解析、さらには総合的に理解するための機能を提供することによって、運用の中断やシャットダウンを最小限に抑えます。

XSenseは、OTネットワークに対し、運用上の影響なしに監視できるのが特徴です。さらに、XSenseを導入するためにネットワークに何らかの変更を行ったり、追加の機器を導入したりする必要もありません。

水関連産業向けの主な機能

運用インシデントおよびサイバー・インシデントのリアルタイム・アラート

  • 運用ネットワークの速やかで包括的な可視化(ネットワーク状況[動き]認識)
  • 内在する運用インシデントおよびサイバー・インシデントの警告
  • 生産性(並びにビジネス)の維持
  • 持続的機械学習

機械学習機能とモデル化機能

  • 運用ネットワークの動きを継続的に学習
  • ネットワークの変更にも対応
  • 運用インシデントおよびサイバー・インシデントのリアルタイムな検出
  • 迅速なインシデントの識別とアラート
  • ダウンタイム・リスクの軽減
  • 負担が小さく容易な管理

ゼロ・インパクト・インストール

  • ネットワーク運用の中断不要(プラグ・アンド・プレイ)
  • インストール後、数分以内に動作開始
  • オーバーヘッド、事前準備、追加機器など不要