オペレーション(運用)

オペレーション(運用)の中断やダウンタイムはそのまま収益の低下を招きます。 従って、もし一時的な中断や実害があったにもかかわらず、それを防ぐ能力がなく、何が原因であったのかもわからなければ、夜も眠れなくなるでしょう。

これまでは、OTネットワーク内のコミュニケーションのいちいちを、私たちは知る必要はありませんでした。 しかし、OTネットワークを管理し、各デバイスやネットワーク内プロセスを完全に把握することができれば、可用性(確実に利用できる状態)に支障を与える問題の発生を抑制し、最小限に抑えて、事業をより安全に継続することができるようになります。

ビジネス継続性の強化

CyberXは、その優れた可視化機能とリスク抽出機能を使って、運用ネットワーク中の各種不具合を常時監視し、継続的なオペレーションとプロセス保全を支えます。

CyberXの先進技術は、エネルギー、石油、ガス、水、化学薬品、医薬品などの業界設備、各種製造設備のダウンタイムを防止し、継続的な設備運用をサポートいたします。また、この技術の実装にあたっては、独自の特許申請技術を用いることにより、設備運用に影響することなくまた中断させる心配もありません。

確実な稼働のためのネットワーク監視

当社の主力製品であるXSenseは、その機械学習機能を用いることで、運用ネットワークを常時監視しながら、運用に影響すると考えられる不具合を検出します。 すなわち、XSenseは、ネットワーク内の各デバイスから送られるデータを連続的に収集し、理解した上で、各種不具合を検出・警告するのです。

運用に関わる不具合の検出

ひとたび運用に支障をきたすと、プロセスは中断され、その品質を低下させます。 XSenseは、ネットワーク内デバイスから包括的に収集したデータを分析することで、運用に支障をきたすであろう各種不具合を検出・報告し、運用継続性ならびにプロセス完全性のための設備資産保守計画の最適化に寄与いたします。